無料レンタルサーバについて

無料オープンソースLMS「irohaboard」動作確認済みの無料レンタルサーバXFREEについて

無料のレンタルサーバのほとんどは簡単なWEBページのみで、プログラム動作がしない、DataBaseが無い等でオープンソースのプログラムは稼働しません。その中で、XFREEは数少ないPHP、DataBaseが動作し、サブドメインで運用できるサーバーです。このサーバを活用することで、月額費用の負担なく運用が可能です。。

こちらでは、技術者ではないと難しいXFREEの契約について少し解説したいと思います。


XFREEの知っておくこと

XFREEは、XSERVERという有償レンタルサーバ大手が運用する無料のレンタルサーバサービスです。無料ならではの欠点がいくつかります。

  1. 広告が表示される
  2. 容量が1GBしかない
  3. SSL通信が無い
  4. サーバー運用のサポートが無い(マニュアル提供はある)
  5. サーバ知識が必要

運用で一番気になる5点をご紹介しました。無料である以上は当然のことばかりですが、なんといっても無料で運用できるのは大きなメリットです。個人情報を置かず、塾内運用のみで提供するのであれば、大きなデメリットにはならないでしょう。

XFREEはマニュアルが豊富にあります。また有償サービスを運用しているため、品質も良いです。ぜひ公式ページでご確認ください。

 → XFREE公式 サービス内容

 → XFREE公式 マニュアル

もし契約や運用に自信がない場合は、しすくるLMSのFREEプランでサーバ契約とLMS初期設置をたったの2万円のみで代行します。お気軽にご相談ください。


LMS運用に関する初期設定概要

LMSを運用開始するのにあたり、以下手順でサーバを設定用意します。

  1. XFREE公式ページより、申込を行う(メールアドレス認証)
  2. サーバー管理画面に入り、PHP/MySQLを有効にする
  3. MySQL設定よりMySQLを有効化、データベースを作成する
  4. FTP設定より有効化する
  5. LMSオープンソースをFTPを使ってアップロードする

という手順になります。サブドメインで使えばこんな感じで構築が可能です。

 → しすくるLMS FREEデモサイト

1~4がサーバ設定作業です。5についてはLMSインストールで別で書きます。無料で使えるので、テスト的にLMSを運用してみることも気軽にできますよね。マニュアルを見ながらぜひ一度お試しください。

難しい方は、しすくるLMSのFREEプランでも15日間完全無料でお試しできます。ぜひやってみてください。

投稿者について

SyschooLMS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です